ベルリン国際映画祭 銀熊賞 最優秀女優賞 受賞映画作品 64作品

ベルリン国際映画祭 銀熊賞 最優秀女優賞 受賞作品。これまでにクリスティアン・ペッツォルト監督のUndine(原題)や、ワン・ジンチュンが出演する在りし日の歌、相続人などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

在りし日の歌

上映日:

2020年04月03日

製作国:

上映時間:

185分

ジャンル:

4.0

あらすじ

国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で幸せに暮らしていた。大切な一人息子シンシンを失うまでは・・・・・・。乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

中々に心に染みる映画でした。ジャ・ジャンクー「帰れない二人」を思わせるようなタッチで、ある夫婦を描いた激動の大河ドラマ…

>>続きを読む

予告編を観て、観たいと思っていたら上映時間が16時過ぎ。 私は主婦なので、映画を観る時は息子たちが学校から帰ってくるま…

>>続きを読む

相続人

製作国:

上映時間:

97分

ジャンル:

4.2

あらすじ

外交的なチキータと部屋で絵を描いて過ごすのが好きなプライドの高いチェラは、長い間生活を共にしてきた熟年のレズビアンカップ ル。二人は生活のため、チェラが親から相続した高価な調度品を売りなが…

>>続きを読む

夜の浜辺でひとり

上映日:

2018年06月16日

製作国:

上映時間:

101分

ジャンル:

3.6

あらすじ

舞台は、ハンブルクとカンヌンという二つの海岸都市。不倫スキャンダルにより、キャリアを捨て異国に逃げてきたヨンヒ(キム・ミニ)は、訪ねてくると言ったまま姿を見せない恋人を待ちながら、自分の真…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

わたしは煙草を吸いません、ビールも飲みません、本気になった人の前で、本気になって泣いたことも怒ったことも笑ったことだっ…

>>続きを読む

2020年62本目、2月14本目鑑賞 ホンサンス監督作品 ベルリン国際映画祭で評価された作品 話の構成が面白い …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ルーカス・ムーディソンの『エヴァとステファンとすてきな家族』のヴィンターベア版と言った趣であったが、あちらが反資本主義…

>>続きを読む

人間とは、愛とは、そんなに強いものじゃない。乗り越えられると思っても、環境の変化、時間の経過、それら全てが津波のように…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

三白眼が印象的なシャーロットランプリング。 ネタバレっぽくなってしまうけど、ラストの表情が、最高にいい。彼女にしか出せ…

>>続きを読む

スクリーンには映らない彼女の"さざなみ" 『さざなみ』  アンドリュー・ヘイ監督作品である。昨年『荒野にて』が日本…

>>続きを読む

小さいおうち

上映日:

2014年01月25日

製作国:

上映時間:

136分
3.6

あらすじ

昭和11年。田舎から出てきた純真な娘・タキは、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根の小さなお家で、女中として働きはじめた。そこには、若く美しい奥様・時子と旦那様・雅樹、そして、可愛いお…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

不思議な感触。 映画を観ているはずなのに、なにかざらざらした、古い絵具に触れた時のような触感がある。 久々に邦画の世…

>>続きを読む

中島京子さんの直木賞受賞作を山田洋次監督が、平成の世と作品の主な舞台である戦時下の昭和の時代を対比させながら登場人物た…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 チリ、サンティエゴで、キャリアウーマンのグロリアは58歳、子供たちはすでに自立していて、離婚も経験している。中年の独…

>>続きを読む

一言で言ってしまえば『ハッピーアワー』の短縮版の様な作品、と言ったらたぶんあの作品を好きな人からは非難轟々だろうけど、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タイトルに惹かれていたけど、 なかなか重たそうなので敬遠していた作品。 で、また来たよ。 あと◯日で配信終了…。 とい…

>>続きを読む

内戦真っ只中のコンゴ民主共和国を舞台に、ゲリラに拉致されて兵士として生きることを強要された少女の過酷な運命を描いた物語…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まさに家族の別離を描いたイラン映画。 だいぶ前に観たからうろ覚え。 日本でも珍しくない離婚や別居。 そこにイランの…

>>続きを読む

【超ヘビー級イラン映画】 結論から言うと、面白くはない。 でもハイスコアの理由は後述します。 タイトルから察する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

公開当時の感想。シネマスコーレに若松監督が来ると言うのでチケット求めに名古屋ビックカメラ斜め横のシネマスコーレに・・・…

>>続きを読む

江戸川乱歩原作。戦争に行って負傷し四肢を失った男が、妻のもとに芋虫となって帰ってくるというはなしだが、そもそも右も左も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

男は石だらけの砂利道を進み、女は山道を歩きながらその男の様子を後ろから見つめる。その後、二人は道に迷う。この山…

>>続きを読む

幸せいっぱいのカップル、クリスとギャッティーはバケーションで避暑地にやってくる。しかし彼らより幸せそうなカップルに出会…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今をとにかく楽しく生きるか、まだ見ぬ未来を楽しくする為に今を生きるか…。 一瞬一瞬をハッピーに生きる姿は理解できるが…

>>続きを読む

30歳の毎日派手な洋服を着て小学校の教師をしているポーリンことポピーが持ち前のイケイケゴーゴーなノリで奉仕精神を発揮し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アテネ・フランセで行われた マイナードイツ映画発掘講座より。 最近では『東ベルリンから来た女』『あの日のように抱きし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画館が休業になってしまった今、見るべき映画は昔買って放置したままのDVDだろ…と言うことで、買った記憶すら無くなって…

>>続きを読む

意識障害の女学生がドイツの因襲のお陰で気の毒な目に合う宗教モノ、1975年にエクソシズム(悪魔祓い)を受けたアンネリー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の脚本家だったが… あの映画にも驚いた! あの時代で、自分の頭で考え、自分の命を顧みな…

>>続きを読む

この作品も「戦争映画」…「実話」という重さ…* ヒトラー独裁政権下…「この戦争はおかしい、早く終わらせるべき」と…ビ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

運命に抗うことは出来るのか? 人間がどれだけ醜いのか、そして美しいのかが分かる。 まず……私の知っている美しいねぇさ…

>>続きを読む

実際に存在した連続殺人犯の娼婦と彼女に惹かれた女性との交流を描いたクライム映画 とにかくシャーリーズセロンの演技力に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

偶然出会ったフランクリンから“ミュール(麻薬を胃の中に飲み込んで密輸する運び屋)”の話を聞いた彼女は、危険だと知りなが…

>>続きを読む

コロンビア戦勝利記念!再投稿! さて、早速映画の話から逸れます。 昨日、浦和のパルコでW杯、コロンビア戦をパブリック…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

You can’t find peace by avoiding life. 人生を避けていては幸せを見つけられない。…

>>続きを読む

山口路子著「逃避の名言集」という本でこの映画が絶賛されていたので観てみました。 イギリスの作家ヴァージニア・ウルフの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

意識して選んだ訳では無かったけど... 今世界中で話題のアメリカ🇺🇸の根深く変わる事のない黒人差別👨🏿‍🦱 この映画は…

>>続きを読む

家でゆっくりチョコレートアイスクリーム🍨ても食べたいですね😸💕ハル・ベリーが美しくまた切なく辛い役を熱演した『チョコレ…

>>続きを読む
>|