ロサンゼルス映画批評家協会賞 作品賞 受賞映画作品 48作品

ロサンゼルス映画批評家協会賞 作品賞 受賞作品。これまでにポン・ジュノ監督のパラサイト 半地下の家族や、ヤリャッツァ・アパリシオが出演するROMA/ローマ、君の名前で僕を呼んでなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

パラサイト 半地下の家族

上映日:

2020年01月10日

製作国:

上映時間:

132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

近年は映画の書籍・雑誌も殆ど読まなくなったけれど、21世紀に入って所謂洋画を牽引しているのは、イーストウッドとこ…

>>続きを読む

どうやら2020年一発目からもの凄い映画を観てしまったようだ!それも歴史に残る怪作を この映画はジャンルミックスの成功…

>>続きを読む

ROMA/ローマ

上映日:

2019年03月09日

製作国:

上映時間:

135分
3.9

あらすじ

政治的混乱に揺れる1970年代のメキシコを舞台に、アカデミー賞受賞監督アルフォンソ・キュアロンが、ある家族の姿を鮮やかに、そして感情豊かに描く。

おすすめの感想・評価

本作はとても美しい映画だと感じました。 映し出された世界が、清濁併せ持った上できれいに撮れているように思えました。映…

>>続きを読む

非常に学ぶべきことが多い映画だった。 この作品の印象的な部分と自分なりの解釈。 ・BGMを用いない →臨場感と脚色した…

>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで

上映日:

2018年04月27日

製作国:

上映時間:

132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

全ての情景が綺麗で、最後は切ないけど、お父さんの言葉に痺れました! 簡単な内容は、舞台は1983年の夏のイタリアの避…

>>続きを読む

<あらすじ> 17歳のエリオは毎年夏になると家族で北イタリアを訪れている。 父の仕事のインターンとして来た24歳の大学…

>>続きを読む

ムーンライト

上映日:

2017年03月31日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

正直 自分には むずかしかった ので 少し解説をみちゃった、 いつもは理解できない自分のまま 感じるままで と思って…

>>続きを読む

上映が終了する前にやっと観ることが出来た。これは映画館で観ることをお勧めします。 何と言っても映像の美しさである。アカ…

>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ

上映日:

2016年04月15日

製作国:

上映時間:

128分
3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2016/4/17 MOVIXさいたまにて鑑賞 監督、トーマス・マッカーシー 話は淡々と進んでいき、次第に緊迫したよ…

>>続きを読む

 アメリカのボストン・グローブ新聞社が世に知らしめた世紀の大スクープ。 カトリック教会で神父らが児童らに性的虐待を行っ…

>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。

上映日:

2014年11月14日

製作国:

上映時間:

165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

⛱ 一瞬は私たちを逃さない 分かるよ 時間は途切れない 一瞬というのは 常に 今ある時間のことだ いきなり『Yel…

>>続きを読む

映画の中でも、観終わってから面白かったという感想を超えて永遠に自分の中で大切な一本になるだろうという気持ちになる時が本…

>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女

上映日:

2014年06月28日

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

すごく綺麗な映像が続くが、何だか最初から哀しい予感がずっと付きまとう映画だった。 AIとの疑似恋愛は今の時代ならSFほ…

>>続きを読む

人工知能型OSに愛を教え、愛を教わった男の近未来SFラブストーリー。こんな特殊設定に男心も女心も見事に落とし込んであっ…

>>続きを読む

ゼロ・グラビティ

上映日:

2013年12月13日

製作国:

上映時間:

91分
3.6

あらすじ

地球から60万メートル上空。スペースシャトルでのミッション遂行中、突発的事故により、無重力空間(ゼロ・グラビティー)に放り投げ出されたふたりの宇宙飛行士。ふたりをつなぐのはたった1本のロー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

最近オープンした映画館でやってたので観た。 無限に広い宇宙の恐ろしさは映画館ならではの迫力。 宇宙の映画は毎度、「どう…

>>続きを読む

好きで何回も観る映画って少なくないと思うんですよ。(唐突) 自分の場合は「インターステラー」「時計じかけのオレンジ」「…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

涙なしには。 でもその涙の意味は? 自分でもわからない。 TSUTAYA耐久レース 完走。ラストは初ハネケ監督、クリ…

>>続きを読む

⚪概要とあらすじ 第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールに輝いたヒューマン・ドラマ。 パリ在住の80…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ん~~~ギターが沁みる、、、 人生に無意味な事はひとつも無い気がする。幸せな事も不幸な事も全てひっくるめて愛おしく思え…

>>続きを読む

『サイドウェイ』『ネブラスカ』のアレクサンダー・ペイン監督作品 ハワイを舞台に、家族崩壊の危機に直面したある一家の再…

>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク

上映日:

2011年01月15日

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグの葛藤を描く、『セブン』 のデヴィッド・フィンチャー監督作。ハーバード大学に通うマークは女の子に振られたことが発端でSNSを作る。それが巨大サ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

デヴィッドフィンチャー監督、個人的にセブンやファイトクラブと好きな作品が多い監督、ジェシーアイゼンバーグ主演の本作 …

>>続きを読む

観ただけで頭良くなった気がする映画。   Facebook創設者マーク・ザッカーバーグの反省を描いた実話もの💻  鬼…

>>続きを読む

ハート・ロッカー

上映日:

2010年03月06日

製作国:

上映時間:

131分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2004年夏。イラク、バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも最も死を身近に感じながら爆弾の処理を行うスペシャリストたち。殉職した隊員の代わりに新しく中隊の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ハート・ロッカーってどういう意味なんだろ?と思って調べてみたら、「苦しみや痛みを伴うシチュエーションを表すスラングで、…

>>続きを読む

ホークアイ×ファルコン爆破処理の巻。 ジェレミー・レナー主演。 イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う…

>>続きを読む

ウォーリー

上映日:

2008年12月05日

製作国:

上映時間:

103分
3.8

あらすじ

ピクサーとディズニーによる全編CGのアニメ映画。29世紀。ひとり汚く荒れ果てた地球のゴミ処理をし続けるロボット・ウォーリーは、突如現れたロボット・イヴに一目惚れするが……。愛の素晴らしさが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

環境汚染により住めなくなった地球でゴミ処理を続けるお掃除ロボットWALL・Eのもとに突如やってきた、植物探査ロボットE…

>>続きを読む

【個人的ピクサー映画ランキング第2位】 ピクサーが作ったから、とかではなくとにかく大好きな映画。ディズニーではない、ピ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

得体の知れないやばい圧がぐんぐん迫ってくる宗教画の前で立ち竦んで動けなくなってしまったかのような感じで鑑賞した。 ダニ…

>>続きを読む

序盤の十数分、セリフが一切なしなのでダニエル・デイ=ルイスの一挙手一頭足に集中。 まず役名が“ダニエル”と“ポール”っ…

>>続きを読む

硫黄島からの手紙

上映日:

2006年12月09日

製作国:

上映時間:

141分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか--。

おすすめの感想・評価

これ程に日本人を描けるアメリカ人はいないだろう。 イーストウッド。 公開時の記者会見で、 日本のメディアが 日本語が…

>>続きを読む

『諸君、最善を尽くせ!自分が正しいと思う道を行け!それが己の正義と信じよ』61年間、ただ地中に埋まっていた手紙。相手に…

>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン

上映日:

2006年03月04日

製作国:

上映時間:

134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

アカデミー賞最優秀監督賞を含むを3賞を受賞した「ブロークバック・マウンテン」は、1963年に運命の出会いを果たしたヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが演じる2人のカーボーイの友情を超…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

60年代、ブロークバックマウンテンにカウボーイが2人。その2人には友情を超えたものがあった…。 今よりも遥かに同性愛へ…

>>続きを読む

同性愛、それに伴う痛みや苦しみ、そして輝き。愛が故に苦しみ藻掻くという部分、そしてそれに振り回される妻や子供という描写…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

再見。 名門スタンフォード大学卒のエリートで顔もハンサムで声も低くて渋いアレクサンダー・ペインですが、撮る映画はいつ…

>>続きを読む

『ネブラスカ』のアレクサンダー・ペイン監督作品 人生と恋とワインをめぐるロードムービー 少し地味だけど個人的にはめ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

声にならない声で引き留めても 愛する人は去っていった 平凡で退屈な書類係の生活 ヒーローにはなれなくても コミックの主…

>>続きを読む

友人のコミック作家ロバート・クラムに触発され、平凡な書類係のハーヴィはコミックの原作作家になりアメリカン・スプレンダー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本作を観賞後、無性に父と話がしたくなった。コロナ禍で帰省もままならず、ずいぶんと顔をみていない。時々電話で話す父は少し…

>>続きを読む

『ネブラスカ』『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督作品 定年退職直後に妻の死と娘の結婚を同時期に迎え、自分の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ウィキによると、この映画は製作費1に対して利益が25で、映画史上でも最もお金を稼いだ映画の一つであり、アカデミー賞5部…

>>続きを読む

私の映画史上最も息が詰まる作品 年上の恋人の元夫に息子を殺された両親が 心の行き場を失う 積み重なる悲しみは 永遠に…

>>続きを読む
>|