インディペンデント・スピリット賞 ロバート・アルトマン賞 受賞映画作品 11作品

インディペンデント・スピリット賞 ロバート・アルトマン賞 受賞作品。これまでにディー・リース監督のマッドバウンド 哀しき友情や、マハーシャラ・アリが出演するムーンライト、スポットライト 世紀のスクープなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

マッドバウンド 哀しき友情

製作国:

上映時間:

120分
3.9

あらすじ

第二次世界大戦中のミシシッピ・デルタの綿花農場で働く2家族の物語で、夢想家の地主ヘンリー(ジェイソン・クラーク)とその新妻ローラ(キャリー・マリガン)を長とする白人のマッカラン一家と、小作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

希望も友情も泥裏に埋もれていく… 第二次世界大戦中のミシシッピを舞台に黒人差別を描いた作品。 Netflixオリ…

>>続きを読む

これもNetflixオリジナルのかなり強力な作品。第二次世界大戦の時代を舞台に、ミシシッピ・デルタの綿花農場を営む白人…

>>続きを読む

ムーンライト

上映日:

2017年03月31日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ほらな。リトル。 お前は弱虫じゃない。」 一台の車が停まります。降りてきたのは、ファンという男。 道には、ドラッグ…

>>続きを読む

『ララランド』を抑えて作品賞をら取ったんだから、さぞかし凄い作品だろうと思い鑑賞に望んだが、アメリカ以外ではよくあるタ…

>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ

上映日:

2016年04月15日

製作国:

上映時間:

128分
3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

9月11日舞い込むニュースを、新たな方向から見る瞬間があった。 これはこの映画の力強さを体感する瞬間であった。同時に、…

>>続きを読む

Spotlight カトリック教の司祭による児童への性的虐待行為について、取材を続けるボストン・グローブ紙のチーム「…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

おっもしろ!なんだこのモミアゲ探偵…かっこいいな?! インヒアレント・ヴァイス=内在する欠陥 海上保険用語で、積荷…

>>続きを読む

ポール・トーマス・アンダーソン監督、 ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン主演、シュールなノワールコメディ。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

家庭環境が複雑で愛を知らない思春期の少年エリスが、愛する人のために人殺しをして身を隠しているおっさんマッドと出会いその…

>>続きを読む

まず言いたいのはこの映画は現代版「Stand by Me」なんかじゃない。この表現は映画の表面的なところしか見えてない…

>>続きを読む

チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密

製作国:

上映時間:

103分
3.7

おすすめの感想・評価

さすがに黙ってられへん。原題は「Starlet」なので!!!(大声) ちっちゃい星とか、新進女優とか、そんな意味合いで…

>>続きを読む

物語には始まりと終わりがある。 でも物語の中を生きている人にとって、その始まりと終わりは人生の一部のページをただ切り取…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今日を忘れるな。 しっかり胸に刻め。 会社崩壊の危機。 一人の男が会社から解雇通告を受ける。 進めていた仕事のデー…

>>続きを読む

リーマンショックの引き金となった出来事をモデルに、投資会社の一夜を描いた金融サスペンス。 経済のことは詳しくない…難し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

遺品を買い取って商売するヴィンテージ家具店の夫婦は隣人と愛想よく付き合いつつ、その家の婆ちゃんが死ぬのを待ってる。婆ち…

>>続きを読む

なんてブラックな話なんでしょう。 ですが、この作品の中で人間らしさがあったのはキャサリン・キーナーさん演じたケイトだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『 私たちはユダヤ人 』  いつだって教えを請うことができる、そんな人たちのお話。主人公を徹底的なまでに、冷たく追い…

>>続きを読む

コーエン兄弟の監督作品なのに、なぜに視聴数が少ないのか不思議に感じる。どうやら日本ではDVD発売がされてなく、ネット視…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ホロ酔いに任せて脳内の記憶で徒然と綴りやす 惨めでしょうもなくて哀しみばかり だからこそ愛おしくて尊い 奇想の脚本家…

>>続きを読む

ジャケットは明るいイメージだが内容はそうでもない。 主人公の周りの人間にリアリティーがなく、何だか奇妙な感覚に苛まれる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ラブサイケデリコのナオキさんのツイート見たら、 菅原文太とヴァンヘイレンの記念写真が。 凄い組み合わせ。 1978来日…

>>続きを読む

私、ボブ・ディランの大ファンですがジョン・レノンと同様に伝記映画を作るのが難しい大物ミュージシャンではないかと思います…

>>続きを読む