ロサンゼルス映画批評家協会賞 外国語映画賞 受賞映画作品 46作品

ロサンゼルス映画批評家協会賞 外国語映画賞 受賞作品。これまでにアンドレイ・ズビャギンツェフ監督のラブレスや、アデル・エネルが出演するBPM ビート・パー・ミニット、お嬢さんなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ラブレス

上映日:

2018年04月07日

製作国:

上映時間:

127分
3.7

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。二人はそれぞれ、別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている。問題は12歳の一人息子アレクセイのことだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

地獄みたいな映画。 正直ちょっと気分を害しました笑 どうやったらそんなにこじれるのかってぐらい酷い関係の夫婦。 離…

>>続きを読む

辛い映画だった。罵り合う姿に、耳をふさぎたくなった。愛を受けず、愛を知らずに育った娘には、大人になっても愛を知る機…

>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット

上映日:

2018年03月24日

製作国:

上映時間:

143分
3.8

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1990年代初めのパリ。実在する団体「ACT UP PARIS」の活動。HIV・エイズに対する人々の偏見を打ち破り…

>>続きを読む

ACT UPの活動を描いた作品 初めて知ることばかり 「ACT UP」という団体を初めて知った。 公式から引用す…

>>続きを読む

お嬢さん

上映日:

2017年03月03日

製作国:

上映時間:

145分
3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 町山さんの言う通り、最後は「アナ雪」みたいでした!。「モアナ」に続いて強い女性で話で小気味よい。  どんでん返しが…

>>続きを読む

男子が母親に性愛感情を持つと同時に父親に対して対抗心を抱く心的状況を、フロイトは父を殺し母と結婚したギリシア悲劇『オイ…

>>続きを読む

サウルの息子

上映日:

2016年01月23日

製作国:

上映時間:

107分
3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

銀幕短評 (#156) 「サウルの息子」 2015年、ハンガリー。 1時間47分。 総合評価 57点。 「ニ…

>>続きを読む

ナチス・ドイツ時代の収容所で、ゾンダーコマンドーという特殊な階級を与えられた囚人たちを題材にした作品。ゾンダーコマンド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1962年のポーランド、戦災孤児としてカトリック系修道院で暮らすイーダ。キリストの花嫁として身を捧げる修道誓願を前に外…

>>続きを読む

これぞポーランド映画!美しいモノクロ映像、戦争による暗い過去とその後、そしてジャズ…この三点の組み合わせが最高にマッチ…

>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色

上映日:

2014年04月05日

製作国:

上映時間:

179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

嗚呼、レアセドゥちゃん。信仰の対象かってくらい美人すぎるわ。おっぱいの形、臀部の大きさ、どこをとってもぶっ壊れ性能。そ…

>>続きを読む

LGBTに対する与党国会議員のとんでもない発言が問題になっていた。 とんでもない発言だし、私は断じてレイシストではな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

全ての人々は大なり小なり自分の気持ちを抑えひた隠し、社会に一歩踏み出せば何かを演じながら生きている。 本音で生きるな…

>>続きを読む

スタンド・バイ・ミーは“子供の頃”と“大人になってから”の2回見るべき映画と言われているみたいですが、 この『ホーリー…

>>続きを読む

南京!南京!

上映日:

2013年08月21日

製作国:

上映時間:

133分
3.6

おすすめの感想・評価

1937年12月に首都南京を陥落した際、日本陸軍が犯した(一部の人は無かったと主張している)南京事件をテーマとした作品…

>>続きを読む

南京事件の犠牲者数については未だに諸説あり、最早特定する事は不可能に思える。だがそれをいい事に、日本国内では事件そのも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ベネズエラの活動家イリッチ・ラミレス・サンチェス(エドガー・ラミレス)は革命を崇拝し、パレスチナ解放人民戦線(PFL…

>>続きを読む

世界中が震撼した実在のテロリスト、カルロスの波乱の人生を描く伝記映画。 上映時間5時間30分、全3部構成ってどんなス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 母エレーヌ(エディット・スコブ)の誕生日を祝うため、経済学者の長男フレデリック(シャルル・ベルリング)、世界中を飛び…

>>続きを読む

この季節らしいタイトルに惹かれて。 2008年、オルセー美術館開館20周年を記念し、オリヴィエ・アサイヤス監督がオルセ…

>>続きを読む

長江哀歌(ちょうこうエレジー)

製作国:

上映時間:

113分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

 長江・三峡。山西省からやってきた炭鉱夫サンミン(ハン・サンミン)は港に降り立つ。彼は16年前に生き別れた妻と子供を探…

>>続きを読む

ヴェネチアで金獅子賞、批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の年間ベストで2位。その評価に恥じない、「俗」と「アート」が共存す…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『エリザのために』がとても良かったので同監督のパルムドール受賞作であるこちらも鑑賞。いや〜さらに息の詰まる重さ、女子大…

>>続きを読む

ルーマニア映画。ある女子大生の人工妊娠中絶と、それを手伝う友人の一日を描いた物語。 とにかく出てくる人間が、老若男女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あきらっちさんおすすめ映画! 静かで大人な作品。 とってもよかったです! 東西ドイツについては、一般常識程度にしか…

>>続きを読む

名作だ! 会社の上司にDVDを借りて観たんだけど観る前は難しそうだなぁ〜と思っていた。 けどそんな事はない。 東ドイツ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 閑静な高級住宅街の一角に構えた一軒の邸宅。人気キャスターであるジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と、作家で彼の妻ア…

>>続きを読む

メタメタのハネケだから普通のミステリーじゃないと勘ぐって見ていて、これは何を言いたいんだというのに注目していたんだけど…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

夏休み中に一人でひっそり観ようと思ってたら、アンディ・ラウが出てたから結局晩御飯どきに家族みんなで鑑賞。 金城武、ア…

>>続きを読む

~牡丹坊の戦い~。中国・唐の時代。国政は腐敗し、反政府組織が乱立していた。中でも朝廷をおびやかす存在であったのが、最大…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パトリスルコント作品を見るのはこれがちょうど10作目 男と女、あーだこーだじゃない系 ルコント作品といえば、のジャ…

>>続きを読む

《2018#166》 これまで観たフランス映画は雰囲気は良いけど合わない感じがしてました。 といってもそれほど観てま…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🎦 「天国の口、終わりの楽園。」 高校を卒業し、堕落した生活を送るテノッチとフリオ。それぞれの恋人がバカンスに出て暇を…

>>続きを読む

実在しないビーチ″天国の口″を目指す、少年ふたりと人妻のひと夏を描いたロードムービー。 舞台はブラジル。 どこまでも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダニス・ダノヴィッチ監督によるボスニア紛争を舞台にした反戦映画 セルビアとボスニアの中間地帯の塹壕で繰り広げられる敵…

>>続きを読む

紛争中のボスニアを舞台にユーモアを交えながらも戦争の本質を描いた戦争ドラマ作品。 1993年6月、ボスニア紛争の真っ…

>>続きを読む

ヤンヤン 夏の想い出

製作国:

上映時間:

173分

ジャンル:

4.2

あらすじ

8歳のヤンヤンは、祖母と両親と姉と台北で暮している。祖母が脳卒中で倒れたのを機に看病に疲れた母は家を出、昔の恋人と再会した父は過去を思い出し、姉は恋に思い煩う。そんな家族の姿をヤンヤンは冷…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あんまり意味のないレビュー wowowで放送されてたエドワード・ヤン祭りもこれで終わり。 まだ、何作かあるみたいだけ…

>>続きを読む

もうこんな映画この先出るのだろうかと思えるほど感動した。 今作は、リアル「トゥルーマン・ショー」と言えばいいのか。一…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

目の前で息子を交通事故で亡くしてしまった母、マヌエラ。 そんな辛い中での臓器移植コーディネーターとしての決断。 心の中…

>>続きを読む

素晴らしすぎる!!! こんな素晴らしい映画、一生に一本出会えるかどうか。めちゃくちゃ久しぶりに8回目を見ましたが、涙ボ…

>>続きを読む
>|