日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞 受賞映画作品 14作品

日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞 受賞作品。これまでに新海誠監督の天気の子や、黒木華が出演する未来のミライ、夜は短し歩けよ乙女などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

天気の子

上映日:

2019年07月19日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

新海誠監督の作品は、ちょっと個人的には相性悪目に感じています。 公開当時、物凄く評判が良くて、「とにかく泣ける!」と言…

>>続きを読む

2019/7/19 配給 東宝 池袋のグランドシネマサンシャインで観たので、まずこの映画館に感動! 12階のカフェと…

>>続きを読む

未来のミライ

上映日:

2018年07月20日

製作国:

上映時間:

98分
3.0

あらすじ

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なにが正解で、これが理想の子育てで、こういうのが思い描く家族っていうのは色々あるけど、実際そう上手くはいかないよなぁ。…

>>続きを読む

弟や妹がお母さんと出かけたら、「私のお母さんなんだからな!!!」って未だに暴れる人間なので、くんちゃんの気持ちがわかり…

>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女

上映日:

2017年04月07日

製作国:

上映時間:

93分
3.6

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する。春の先斗町で、夏の古本市で、秋の学園祭で、乙女に近づこうとやっきになるも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何これ⁈ 新感覚!! 大人向けアニメの迷作! 観始めて10分ほどは、クセが強すぎる!ダメかも…との格闘。。 が、、…

>>続きを読む

“或る夜のラブレター” 不思議な映画でした。 観終えた後、たしかに「面白かった」と感じた筈なのに、どこがどう面白か…

>>続きを読む

この世界の片隅に

上映日:

2016年11月12日

製作国:

上映時間:

126分

ジャンル:

4.1

あらすじ

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画館でリバイバル上映していたので鑑賞してみました。 いつか観ようと思いつつ、戦争映画は苦手なので今まで観ていなかった…

>>続きを読む

新年一発目に観た映画はこれでしたー。話題になってたのもありますが、なんせ地元が舞台なのでね、観ましたね。方言のこだわり…

>>続きを読む

バケモノの子

上映日:

2015年07月11日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。 人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。 交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

胸ん中の剣だ! 、、、ここんとこのっ! 、、、ここんとこのぉっ!! シンプルな子弟愛の話かと思ったら違った。 …

>>続きを読む

❝強さとは…それすなわち❓🐋❞ たまらなく夏を感じたくてまた観ちゃいました♪🐳 なんなんでしょうかね? あのワッ…

>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん

上映日:

2014年08月08日

製作国:

上映時間:

95分

ジャンル:

3.4

あらすじ

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。 のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来ら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドラえもんの映画で、CGで作製されています。原作の話を何作か、再構築した内容でした。子供の頃はドラえもん大好き少年だっ…

>>続きを読む

ドラえもん初の3DCG長編映画。 「ドラ泣き」というキャッチコピーの通り、内容は原作ドラえもんの名作回を繋げて感動を…

>>続きを読む

風立ちぬ

上映日:

2013年07月20日

製作国:

上映時間:

126分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

『どっどど どどうど どどうど どどう 青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ どっどど どどうど どどう…

>>続きを読む

風立ちぬ、いざ生きめやも! 宮崎駿監督 2013年製作 声優:庵野秀明、瀧本美織 シリーズ「映画で振り返る太平…

>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪

上映日:

2012年07月21日

製作国:

上映時間:

117分
3.7

あらすじ

東京の郊外の大学に通う花(はな)は、おおかみの血を引く《おおかみおとこ》「彼」と恋に落ちた。共に暮らし始めた二人の間に生まれてきた子どもたちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、《おお…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

▪️Title : 「おおかみこどもの雨と雪」 Original Title :※※※ ▪️Release…

>>続きを読む

「母と子」をテーマに描く細田守監督のオリジナル劇場長編アニメーションは何て美しく愛おしい作品なんだろう、 身体の中を大…

>>続きを読む

コクリコ坂から

上映日:

2011年07月16日

製作国:

上映時間:

95分
3.5

おすすめの感想・評価

好きなんですよね、とにかく世界観とキャラクター。 その長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて ブレーキいっぱい握…

>>続きを読む

▪️Title : 「コクリコ坂から」 Original Title :※※※ ▪️Release Dat…

>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ

上映日:

2010年07月17日

製作国:

上映時間:

94分
3.3

おすすめの感想・評価

▪️Title : 「借りぐらしのアリエッティ」 Original Title :※※※ ▪️Releas…

>>続きを読む

『共生とは』 人とは違う生物にスポットを当て、共生について考えさせられる本作『借り暮らしのアリエッティ』 コオロギ…

>>続きを読む

サマーウォーズ

上映日:

2009年08月01日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『時をかける少女』の細田守監督が手掛ける長編オリジナルアニメーション。謎の人工知能“ラブマシーン”の暴走によって生じた世界の危機を救うため、インターネット上の仮想空間「OZ」と現実世界、両…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

え⁉️嘘‼️観た事ないんですかぁ~❓️ 信じらんなぁ~い❕ 出たよ🤮普段たいして映画観ないヤツに限って言ってくるパタ…

>>続きを読む

「一人ひとりの繋がりは無限大に。。」 何年も前にテレビに録画してた映画を やっと消化する気になった。笑 一度、見るの…

>>続きを読む

崖の上のポニョ

上映日:

2008年07月19日

製作国:

上映時間:

101分
3.3

おすすめの感想・評価

なんのために生まれてきたのか? 宮崎駿監督、原作、脚本 2008年製作 声優:奈良柚莉愛、土井洋輝 勝手にお知…

>>続きを読む

▪️Title : 「崖の上のポニョ」 Original Title :※※※ ▪️Release Dat…

>>続きを読む

鉄コン筋クリート

上映日:

2006年12月23日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.8

あらすじ

松本大洋の原作漫画を『アニマトリックス』のマイケル・アリアス監督、STUDIO 4℃により映画化。二宮和也、蒼井優が声優を担当。義理と人情とヤクザの町・宝町の変化により、2人の少年の運命も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

~今日は死ぬのにもってこいの日だ~ 「夜って悲しい気持ちなのね」 「きっとあれだな、夜って暗くて暗くて死んじゃ…

>>続きを読む

素晴らしい作品だったな。名作と名高い作品だとは聞いていたけど、それでも期待以上の名作だった。 オープニングから映像が…

>>続きを読む

時をかける少女

上映日:

2006年07月15日

製作国:

上映時間:

100分

ジャンル:

4.0

あらすじ

筒井康隆の同名小説を原作に、細田守監督がアニメーション映画化。ある出来事をきっかけに“時間を飛び越える能力”を手に入れた女子高生の友情と恋愛を描く青春恋愛ファンタジー。原作の30年後の世界…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"時をかける少女" その1 私の世代はどうしたって、 とーきーを、かけーる少女♪の歌と共に原田知世が主演の大林監督…

>>続きを読む

お前、タイムリープしてね? 今年だって必ずまた夏が来る。 今でも思い出す、2006年の7月。 新宿テアトルで鑑賞…

>>続きを読む