ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(審査員大賞) 受賞映画作品 8作品

ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(審査員大賞) 受賞作品。これまでにミシェル・フランコ監督のNew Order(英題)や、ルイ・ガレルが出演するAn Officer and a Spy(英題)、女王陛下のお気に入りなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

[これが新秩序ダッ!…だそうです] 0点 点で見た前半の映像や演出はそれなりに面白いのに全体の主義主張が無理すぎて無…

>>続きを読む

トロント国際映画祭にて。 ミシェル・フランコ監督作の中ではちょっと違う毛色の映画。 人間や社会の嫌な部分酷い部分とい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[ポスト真実時代への警鐘か、ただの言い訳か] 30点 1895年当時、フランスは普仏戦争敗北に関するの賠償金や恐慌の…

>>続きを読む

今年もやってきましたフランスの大河ドラマ。 ドレフェスの冤罪事件をモチーフとしたユダヤ監督によるユダヤテーマの。。。で…

>>続きを読む

女王陛下のお気に入り

上映日:

2019年02月15日

製作国:

上映時間:

120分
3.7

あらすじ

18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。人々は、アヒルレースとパイナップル食に熱中していた。 虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エマ・ストーンの豊かな表情変化、体を張った一挙手一投足にまず釘付け。 宮廷モノ、皇室モノはだいたい睡眠案件な私だが本…

>>続きを読む

2019年295作目(再視聴) もう今年3回目だから感想ないけど、 何回見ても面白い。 2019年200作目(再視…

>>続きを読む

運命は踊る

上映日:

2018年09月29日

製作国:

上映時間:

113分
3.6

あらすじ

イスラエル・テルアビブのアパート。家族のもとに、息子が戦死したとの連絡が入る。取り乱し、悲しみに打ちひしがれる両親。しかし、それは誤報であり、息子は生きていることがわかる。一方、戦う相手も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う。" どうもがいても、抗えない運命があるのかもしれない。…

>>続きを読む

イスラエル映画。賞も獲ってるし批評家の評価も高い。面白そうな気がしたが…。原題は社交ダンスの名前のようだ。このダンス、…

>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ

上映日:

2017年11月03日

製作国:

上映時間:

116分
3.8

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

※ネタバレ注意 ジェイク・ギレンホールの演技が素晴らしすぎる。 ジェイクファンなことから、彼が出演している作品をい…

>>続きを読む

映像:⭐️⭐️⭐️⭐️ 音楽:⭐️⭐️⭐️⭐️ ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️ 泣ける:⭐️ 笑える: 怖い:⭐️ ため…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 オススメしていただいたので、気になり鑑賞。  観ていて不思議な世界観に迷い込んだような独特な雰囲気が全体を支配してい…

>>続きを読む

ノンストップアニメーション独特のぎこちない動きや、お人形の肌のふわっとした質感などから、若干のノンストップアニメーショ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1960年代にインドネシアで密かに行われた大虐殺を加害者視点で追った『アクト・オブ・キリング』を、被害者側から見つめ返…

>>続きを読む

2014年のジョシュア・オッペンハイマー監督作品。『アクト・オブ・キリング』の続編。前作は加害者側の視点だったが、今作…

>>続きを読む

郊遊 ピクニック

上映日:

2014年09月06日

製作国:

上映時間:

138分
3.7

あらすじ

幼い息子と娘を育てている父親。水道も電気もない空き家に、マットレスを敷いて眠る3人。父親は不動産広告の看板を掲げて路上に立ち続ける“人間立て看板”の仕事でわずかな金を稼いでいる・・。

おすすめの感想・評価

台湾の内田裕也ことツァイ・ミンリャンの商業作品引退作。本作も商業作品とのことですが、いつも以上にエンタメ的な要素はゼロ…

>>続きを読む

ずっと観たかった作品。アップリンククラウドのMOVIOLA配信にこの『郊遊』が入っていたのでラッキー♪と思い購入。でも…

>>続きを読む