ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(最優秀監督賞) 受賞映画作品 49作品

ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(最優秀監督賞) 受賞作品。これまでにジャック・オーディアール監督のザ・シスターズ・ブラザーズ(原題)や、ドゥニ・メノーシェが出演するジュリアン、触手などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ヴェネチア映画祭銀獅子賞受賞の西部劇。雇い主から盗みを働いた男を殺すよう依頼された殺し屋兄弟だが、先行した仲間が裏切り…

>>続きを読む

あの時代って日本もアメリカも浪漫だったのかなと思う。1850年あたりからね、日本だと幕末~明治。アメリカはゴールドラッ…

>>続きを読む

ジュリアン

上映日:

2019年01月25日

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.6

あらすじ

両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。離婚調整の取り決めで親権は共同となり、彼は隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなった。母ミ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

久しぶりに出た、イヤミス的超不快映画… これは貶しているわけではなく、凄まじい負の感情を与えてくる作品で、すごく恐ろ…

>>続きを読む

壮絶なDV離婚劇と紹介するネット記事も見かけたが、そういった題から想像する直接的暴力はほぼ映されない。 そのようなこと…

>>続きを読む

触手

上映日:

2018年02月27日

製作国:

上映時間:

100分
2.7

あらすじ

若く美しいアレハンドラは、夫アンヘルの暴力に悩まされながら、精神的に不安定な二人の幼子を必死で育てていた。しかし、そんなアレハンドラの苦悩を気にする素振りも見せない夫は、密かに彼女の弟ファ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

夫(両刀)と弟(ゲイ)と弟の彼女、そこに触手モンスターまで加えた、何角関係かわかんないエロティック触手ホラー。 めち…

>>続きを読む

「究極の快楽」をもたらす怪物の恐怖を描いたSFエロティックスリラー。 アレハンドラは夫アンヘルのDVに悩まされながら、…

>>続きを読む

エル・クラン

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

110分
3.3

あらすじ

1980年代アルゼンチン。史上最悪な独裁政治から7年以上が経ち、徐々に民主政治を取り戻していた時代。裕福で、近所からも慕われるプッチオ家は、父アルキメデス(ギレルモ・フランセーヤ) を筆頭…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1980年代にアルゼンチンで実際にあった事件。 連続誘拐の身代金で生計を立てていたという一家の話。 日本では「フォー…

>>続きを読む

え、、、これが実話? パッケージ写真のみ見て借りたので中身を知らず衝撃でした笑 フィクションのブラックコメディじ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2019年1月2日 『ザ・マスター』  2012年制作 監督、ポール・トーマス・アンダーソン。 他に『ゼア・ウィル・ビ…

>>続きを読む

“もしどのマスターにも仕えないのだとしたら、教えてくれ。君は歴史上初の人間になるだろう。” 画が強い。冒頭船のエンジ…

>>続きを読む

天山人海/人山人海

製作国:

上映時間:

91分
3.3

おすすめの感想・評価

スペイン内戦のため徴兵された父の遺志を継ぎ、泣き虫ピエロとして笑われる立場の道へと進んだ青年が、不条理な世界のなかを必…

>>続きを読む

なんとも不気味で独特の世界観でした。 こうもコロコロ内容変わってくるとは思ってませんでした、あーこうくるか!次どうなる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

生か死か、花か涙か、愛か未来か。 画面の中に、苦悩と悲哀が霧となって漂う。 言葉が飛び交い、寒さの中ではひとの手のひら…

>>続きを読む

「僕たちの誰かが宇宙へ飛べば、世界は変わる」 舞台は宇宙開発時代のソ連 人類で初めての有人飛行を目指すため、宇宙飛行…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エンディングまでずっとPOV(;´Д`A 正直観ていて疲れるし、妙に演出が軽いしブレまくりの場面が多々あり酔いそうにな…

>>続きを読む

現代の戦争にも当然ながら戦地での犯罪行為が多数発生することは想定される。第二次世界大戦以降の戦争については、日本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

!!! 久々に一時停止して相関図を書きました。 相関図を書きたくなっちゃう映画、大好きです。 邦題の通り、六つの心。…

>>続きを読む

部屋の壁、職場のしきり、バーカウンターの目隠しとなるカーテン。ひととひととの関わり合う中で、これらの「壁」がとても印…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こちらも「5月」映画。1968年、フィリップガレルは20代だったはず、映画を精力的に撮り始めたのは10代の頃だから、革…

>>続きを読む

1968年、兵役を拒否し、拒否のサインも拒否し、五月革命真っ只中、機動隊と激しい闘争を繰り広げる20歳の詩人フランソワ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原題 ”빈집”(空き家) 英題 ”3 iron” 邦題 ”うつせみ” 英題は論外、邦題は語感こそいいけど解釈の幅を半…

>>続きを読む

ほとんど語らないことが語りすぎるよりも雄弁足りうることを『うつせみ』は証明してみせる。傑作だ。 バイクでチラシを配る…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

盲目の座頭の身でありながら居合い抜きの達人であるヤクザもの。日本時代劇を代表するアイコン的なキャラクターを生んだ作品『…

>>続きを読む

久し振りに再鑑賞 前回までは"勝新"のテレビや映画の勧善懲悪ではなく、予定調和でもない時代の匂いがするような作風、そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あくまで純愛ファンタジーとして見たら面白かった気もするし、高評価なのもわかるのだけど、障害者は純粋な心を持った善人で、…

>>続きを読む

観終わってコレは凄い映画を経験したなぁ!と。 主人公ジョンドゥは、適応障害なのか?でも、イノセントでもあり、どうも刑…

>>続きを読む

黒猫・白猫

製作国:

上映時間:

130分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『アンダーグラウンド』のエミール・クストリッツァ監督が初めて手掛けたコメディ作品。美しいドナウ川で暮らすジプシーの一族を主人公に、さまざまな登場人物が巻き起こす騒動をユーモアに描く。

おすすめの感想・評価

白も黒もグチャグチャで、どんなにメチャクチャになろうとも、誰も彼もガチャガチャとハッピーエンドを迎えられる。嗚呼人生!…

>>続きを読む

ユーゴの名匠エミール・クストリッツァ監督のコメディ。びよんびよん。 いやぁ。なんでしょうか。このポテンシャル。 顔面…

>>続きを読む
>|