ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞 受賞映画作品 79作品

ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞 受賞作品。これまでにアルフォンソ・キュアロン監督のROMA/ローマや、サリー・ホーキンスが出演するシェイプ・オブ・ウォーター、立ち去った女などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ROMA/ローマ

製作国:

上映時間:

135分
4.1

あらすじ

政治的混乱に揺れる1970年代のメキシコを舞台に、アカデミー賞受賞監督アルフォンソ・キュアロンが、ある家族の姿を鮮やかに、そして感情豊かに描く。

おすすめの感想・評価

夜な夜なイヤホンをつけてひっそりと鑑賞するのも悪くないとは思うけど、やっぱり、劇場で観てみたい。大きなスクリーンとちゃ…

>>続きを読む

薄ら寒い映画。。。 ポスターの抱き合っているシーンは本当に薄ら寒い。怖い。 **** 話は淡々としているようで定…

>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター

上映日:

2018年03月01日

製作国:

上映時間:

124分
3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

子供と楽しむファンタジーラブストーリーだと思っていたので、オープニングすぐに驚きました。(゚д゚)タイマー 監督の『…

>>続きを読む

面白かった。半世紀以上前と言う時代設定がリアリティとファンタジーをうまく溶け込ませていて楽しく観れる。マイノリティ同士…

>>続きを読む

立ち去った女

上映日:

2017年10月14日

製作国:

上映時間:

228分
3.8

あらすじ

殺人の罪で、30年もの間投獄された無実の女ホラシア(チャロ・サントス・コンシオ)。真の黒幕は、彼女のかつての恋人ロドリゴ(マイケル・デ・メサ)だった。出所したホラシアは、自分を陥れた男を追…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

圧巻!驚異の228分! と思っていたけど、監督の他作品を辿ってみると540分やら450分やらとんでもない数字が出てきた…

>>続きを読む

モノクロ映像にのせて描かれるのは30年もの間無実の罪で投獄された女の物語。 228分という時間が意味をなす重みのある秀…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

LBFF2016で鑑賞。2015年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞、2017年のアカデミー賞外国語映画部門ベネズエラ代…

>>続きを読む

一人の男の病んだ心の深淵を見てしまったようで震えた。 街角で少年たちを拾っても触れることは無い。同性愛者であるだろうに…

>>続きを読む

さよなら、人類

上映日:

2015年08月08日

製作国:

上映時間:

100分
3.3

あらすじ

世の中上手くいかないことばかり。それでも明日はあるさ! サムとヨナタン――面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンコンビ。現代のドン・キホーテとサンチョ・パンサのように、さまざま人たちの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スウェーデンのロイ・アンダーソン監督作。 原題:A Pigeon Sat on a Branch Reflecting…

>>続きを読む

人を利用して欲望を満たすことは正しいことか? コメディの棚に並んでたけど、紛れもなく哲学作品。映像的にはジャック・タ…

>>続きを読む

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち

上映日:

2014年08月16日

製作国:

上映時間:

93分
3.2

おすすめの感想・評価

[ローマ環状線、めぐりゆく人生たち] ドキュメンタリー作品です。 こちら、ヴェネチア国際映画祭、金獅子賞受賞、ドキュ…

>>続きを読む

2013年度のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、しかもドキュメンタリーで受賞というこの作品。 なんとも不思議な作品。今…

>>続きを読む

嘆きのピエタ

上映日:

2013年06月15日

製作国:

上映時間:

104分
3.7

あらすじ

30年間親の顔も知らず、天涯孤独に生きてきた男イ・ガンド(イ・ジョンジン)。債務者に重傷を負わせ、その保険金で、利子が10倍に膨らんだ借金を返済させる、血も涙もない借金取立て屋である。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

うーん、私はあまりハマらなかったな。途中で展開が読めてしまった。やっぱりなって感じで。キムギドク監督作品を観るのは初め…

>>続きを読む

韓国映画好き(グロ中心)をうたってるクセに初キムギドク。 いやーー、常軌を逸した作品ですゎ。 鑑賞後、若干魂持って…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ゲーテの『ファウスト』をソクーロフが自由に翻案したという本作。文学的変態耽美主義。 映画が始まる。四隅が丸くカットさ…

>>続きを読む

高尚な作品だわね。 これ、とんでもなくすごい作品だわ。 とっても現実的で、その中にごく自然に、悪魔がいる。 ゲーテのフ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【空虚な人生。唯一確かなものを見つけて】 これ絶対、人を選ぶと思うけど私は面白かったなー。。 カネも名誉もオンナも…

>>続きを読む

中々手を出せなかった作品のうちの1つ。 ここんとこ観ている映画で根底に感じることは、心に辿り着こうとすると、身体が立…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 1982年イスラエル軍がレバノンに侵攻する。戦車に搭乗した4人の兵士が、爆撃後の市街地に向けて出発した。優柔不断な指…

>>続きを読む

先日観た「灼熱の魂」があまりに衝撃的で、それからレバノンというキーワードが引っ掛かっていた。件の作品は舞台がどこなのか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

“あそこが俺の居場所なんだ。” かつて栄光を手にしたプロレスラー“ザ・ラム”ことランディ(ミッキーローク)の引退間際…

>>続きを読む

映画ってさ…作りもんですよ😁 演出、演技、音楽…しかも生じゃなくてスクリーンに投影されてるだけのただの光動画🎥 なの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

じわじわと、密やかな恋が育まれ、幸せの絶頂に永遠の別れが訪れる。 しかし相手は決して愛してはいけない相手。 仲間は彼…

>>続きを読む

「愛は勝ってはいけない諜報戦である」 トラウマ恋愛映画入門からの一本。 舞台は戦時下の香港と上海。 主人公のチア…

>>続きを読む

長江哀歌(ちょうこうエレジー)

製作国:

上映時間:

113分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

 長江・三峡。山西省からやってきた炭鉱夫サンミン(ハン・サンミン)は港に降り立つ。彼は16年前に生き別れた妻と子供を探…

>>続きを読む

ヴェネチアで金獅子賞、批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の年間ベストで2位。その評価に恥じない、「俗」と「アート」が共存す…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

社会学部の授業で、同性愛の話について出てくることが多々あったので、参考として、この度、鑑賞!! 1963年、牧場の手…

>>続きを読む

< 概要 > 保守的なアメリカの西部で、20年以上にもわたって男同士の愛を貫いた2人の "普遍の愛" を描く人間ドラマ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

考えさせられる深い話だった。 困っている人たちを違法な手段で助ける女の話。 妊娠したけど事情により産むことが出来な…

>>続きを読む

舞台は1950年のイギリス。 家政婦として働くヴェラ・ドレイクの、明るく優しく不幸せそうな人を包み込む人柄が滲み出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

母、祖母、兄、弟の家族の元に、12年ぶりに帰宅した父。 突然の帰宅にも関わらず、父は空白の12年間には触れる事なく、各…

>>続きを読む

12年ぶりに帰って来た父親。 晩餐の主席に座り、パンとワインを皆へ分け与え、息子たちを旅行へ連れて行くと告げる。 祖母…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アイルランド物に外れ無し。 このセオリーとフォロワーさんの高評価に鑑賞しました。 国や地域の違いによる宗教観、そもそ…

>>続きを読む

すごい!!! こんなすごい映画を今まで見てなかっただなんて! これヤバイ! アイルランドでは1990年代まで、ふしだら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【金獅子賞を制したインド映画】 ヴェネチア国際映画祭のコンペリストが発表されたということで、このインド映画を観てみた。…

>>続きを読む

パンジャーブ地方の伝統的な結婚式を舞台にした映画。 物語というよりは、ドキュメンタリーチックな作風なのであたかも観客自…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 出産シーンの母親の苦痛の絶叫がタイトルバックに鳴り響き、壁一面が白い空間から「おめでとうございます、女の子ですよ」と…

>>続きを読む

ものすごい気分にさせられる映画だった。チャドルとは、イランの女性が外出するときに身につける、体をすっぽり隠すための真っ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

13歳の女の子が代理教員として、村にやってきます。13だし俺らと変わんねーじゃん、お前の言うことなんかきかねーよ、と生…

>>続きを読む

チャン・イーモウが目指した、ドキュメンタリーのような世界。 主人公や他のキャストもほとんど素人を使っているだけあって、…

>>続きを読む
>|