ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞 受賞映画作品 78作品

ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞 受賞作品。これまでにギレルモ・デル・トロ監督のシェイプ・オブ・ウォーターや、チャロ・サントス・コンシオが出演する立ち去った女、彼方から From Afarなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

シェイプ・オブ・ウォーター

上映日:

2018年03月01日

製作国:

上映時間:

124分
3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『美女と野獣』を「結局野獣とかいいながらイケメンじゃん」とディスり、ガチの怪物と中年の夢見がちなおばさんとの関係を本当…

>>続きを読む

どんどん多様化する現代のメルヘンの形、または、古典的なお伽話への21世紀のアンサーなんだと、そんな風に思う。ここには誰…

>>続きを読む

立ち去った女

上映日:

2017年10月14日

製作国:

上映時間:

228分
4.0

あらすじ

殺人の罪で、30年もの間投獄された無実の女ホラシア(チャロ・サントス・コンシオ)。真の黒幕は、彼女のかつての恋人ロドリゴ(マイケル・デ・メサ)だった。出所したホラシアは、自分を陥れた男を追…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今年の劇場始め。 候補はいくつかありましたが、今回の上映逃すと劇場では観れなさそうな作品をチョイス! 上映時間4時…

>>続きを読む

ラヴ・ディアスの作品を久々に見たけど、やはりこの男の映画は嫌いになれない エドワード・ヤンやホン・サンス、セミフ・カ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

LBFF2016で鑑賞。2015年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞、2017年のアカデミー賞外国語映画部門ベネズエラ代…

>>続きを読む

一人の男の病んだ心の深淵を見てしまったようで震えた。 街角で少年たちを拾っても触れることは無い。同性愛者であるだろうに…

>>続きを読む

さよなら、人類

上映日:

2015年08月08日

製作国:

上映時間:

100分
3.3

あらすじ

世の中上手くいかないことばかり。それでも明日はあるさ! サムとヨナタン――面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンコンビ。現代のドン・キホーテとサンチョ・パンサのように、さまざま人たちの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パッケージの可愛さに惹かれて。 DVDのレーベルの歯抜けじじいも見ようによっては可愛い(笑) わ、訳が分からなかった(…

>>続きを読む

個性的で美しいけど退屈 退屈だけど嫌いじゃない、面白い。 ただ問題は140分間これが続くこと。 あまりにも退屈だった…

>>続きを読む

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち

上映日:

2014年08月16日

製作国:

上映時間:

93分
3.2

おすすめの感想・評価

[ローマ環状線、めぐりゆく人生たち] ドキュメンタリー作品です。 こちら、ヴェネチア国際映画祭、金獅子賞受賞、ドキュ…

>>続きを読む

2013年度のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、しかもドキュメンタリーで受賞というこの作品。 なんとも不思議な作品。今…

>>続きを読む

嘆きのピエタ

上映日:

2013年06月15日

製作国:

上映時間:

104分
3.7

あらすじ

30年間親の顔も知らず、天涯孤独に生きてきた男イ・ガンド(イ・ジョンジン)。債務者に重傷を負わせ、その保険金で、利子が10倍に膨らんだ借金を返済させる、血も涙もない借金取立て屋である。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

韓国映画を見始めてからまだあまり経っていませんが、親子愛がテーマの映画が多いような気がします。これはお国柄なんですかね…

>>続きを読む

ほんとに韓国の映画って飯が汚いのが多い。食べ物をあまりにも生々しく映しすぎだと思う。 またしても変わった映画。何考え…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

高尚な作品だわね。 これ、とんでもなくすごい作品だわ。 とっても現実的で、その中にごく自然に、悪魔がいる。 ゲーテのフ…

>>続きを読む

開始早々腐乱死体の解剖、ボタボタと零れ落ちる内臓、この時点で好き嫌いが分かれるのだろうが、もちろん大好物。原作を読んで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

たまに始まった瞬間 「これは好きなやつだ!」 と直感する映画があって、これもそのうちの1本に仲間入り。 ハリウッド俳…

>>続きを読む

ハリウッドスターのジョン・マルコは、日々パーティに明け暮れ、女遊びも欠かさない豪遊生活を送っている。しかし、心の中の虚…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 1982年イスラエル軍がレバノンに侵攻する。戦車に搭乗した4人の兵士が、爆撃後の市街地に向けて出発した。優柔不断な指…

>>続きを読む

先日観た「灼熱の魂」があまりに衝撃的で、それからレバノンというキーワードが引っ掛かっていた。件の作品は舞台がどこなのか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今宵はリベンジだ。 口直し。 ゆうべの『マザー!』。 今夜は『レスラー』。 ダーレン・アロノフスキーにはダーレン・アロ…

>>続きを読む

泣けます。 ボロボロの体を 引きずり、それでも 光るライトのリング へと登る、レスラー。 「俺の居場所はここにしか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日本占領下で抗日活動に燃える先輩に憧れて活動に参加することになったタン・ウエイ演じる若き女性ワンが演技の実力から特務機…

>>続きを読む

一度見た後にすぐにもう一度見ました。長さを全く感じさせません。切なくて、深い痛みを感じた作品。重い余韻が心に残りました…

>>続きを読む

長江哀歌(ちょうこうエレジー)

製作国:

上映時間:

113分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

ヴェネチアで金獅子賞、批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の年間ベストで2位。その評価に恥じない、「俗」と「アート」が共存す…

>>続きを読む

 朝に辞す 白帝 彩雲の間 千里の江陵 一日にして還る  両岸の猿声 啼いて住まざるに 軽舟 已に過ぐ 萬重の山  …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『真実の愛とは?』 今、生きていたら言わずもがな映画界を引っ張ていただろう、ヒース・レジャー。 そして、ジェイク・ギ…

>>続きを読む

「俺たちにはもう、 ブロークバックマウンテンしかない!」 シャツを見たとき、泣かなかった人いる? 最初は、ジェイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

考えさせられる深い話だった。 困っている人たちを違法な手段で助ける女の話。 妊娠したけど事情により産むことが出来な…

>>続きを読む

舞台は1950年のイギリス。 家政婦として働くヴェラ・ドレイクの、明るく優しく不幸せそうな人を包み込む人柄が滲み出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『ラブレス』のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の過去作品という事で観賞。 2003年ロシア映画。 ヴェネチア国際映画祭…

>>続きを読む

あんなにたくさん撮っていたのに、12年ぶりに帰ってきた父親の写真は一枚も無かった。雨音が鳴り響くエンドロールは、うらぶ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アイルランド物に外れ無し。 このセオリーとフォロワーさんの高評価に鑑賞しました。 国や地域の違いによる宗教観、そもそ…

>>続きを読む

すごい!!! こんなすごい映画を今まで見てなかっただなんて! これヤバイ! アイルランドでは1990年代まで、ふしだら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パンジャーブ地方の伝統的な結婚式を舞台にした映画。 物語というよりは、ドキュメンタリーチックな作風なのであたかも観客自…

>>続きを読む

パンジャーブ地方の結婚式は、モンスーンの時期、親類縁者が自邸に大勢集まって派手にやるのが伝統みたい。だから、天幕は白じ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ものすごい気分にさせられる映画だった。チャドルとは、イランの女性が外出するときに身につける、体をすっぽり隠すための真っ…

>>続きを読む

これはとてもとても遠くて 女性の地位がとてもとても低い国のお話… その国や地域じゃ 女性は働く事もできない 離婚もでき…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

13歳の女の子が代理教員として、村にやってきます。13だし俺らと変わんねーじゃん、お前の言うことなんかきかねーよ、と生…

>>続きを読む

チャン・イーモウが目指した、ドキュメンタリーのような世界。 主人公や他のキャストもほとんど素人を使っているだけあって、…

>>続きを読む
>|