東京国際映画祭 グランプリ 受賞映画作品 30作品

東京国際映画祭 グランプリ 受賞作品。これまでにセミフ・カプランオール監督のグレインや、アデル・エネルが出演するブルーム・オブ・イエスタディ、ニーゼと光のアトリエなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

グレイン

製作国:

上映時間:

127分
3.5

あらすじ

いつとも知れない近未来。種子遺伝学者であるエロールは、移民の侵入を防ぐ磁気壁が囲む都市に暮らしている。その都市の農地が原因不明の遺伝子不全に見舞われ、エロールは同僚研究者アクマンの噂を耳に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今のところ自分の観た映画の中で、『難解でよく分からなかったけどとてもよかったランキング』1位です。 全編シャーブなモノ…

>>続きを読む

東京国際映画祭9本目はコンペティション部門の「グレイン」。 全編、白黒で撮られた斬新なSF作品。冒頭から今までのコン…

>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

126分
3.4

あらすじ

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、や…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画のジャンルを分けるとしたら<恋愛映画>もしくは<ラブコメ>に入るだろうが ▪️トト: ドイツ人男性で今はホロ…

>>続きを読む

感想川柳「最後には ホロコーストの 意味はない?」 予告が気になって観てみました。。φ(..) ナチスドイツの戦犯…

>>続きを読む

ニーゼと光のアトリエ

上映日:

2016年12月17日

製作国:

上映時間:

109分
4.0

あらすじ

「患者は《クライエント》よ。彼らのために私たちは働くの」 心理療法の常識に屈することなく、愛と芸術で人を癒した伝説の女医、ニーゼ・ダ・シルヴェイラの気高き魂の記録。 1940年代、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

昨年2015年の東京国際映画祭グランプリ作品。 愛と社会性の話。 1944年ブラジルの精神病院に赴任してきた女医ニ…

>>続きを読む

2015年のTIFFで2度鑑賞。 レビューを書くのに1年近くもかかったのは(かかり過ぎですね)、あまりにショックが大…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

・ニューヨークの片隅でホームレスをする彼女。ホームレス仲間と連み、万引きと物乞いでかき集めた金は、その日のヘロイン代に…

>>続きを読む

数年前までホームレスでニューヨークの最底辺の生き方をしていたアリエル・ホームズの手記を本人の主演で映画化 主役のアリ…

>>続きを読む

ウィ・アー・ザ・ベスト!

上映日:

2016年08月01日

製作国:

上映時間:

102分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ガールズバンドって呼ばないで。アタシたち、パンクだもん! 2013 年の東京国際映画祭でサクラグランプリ(最高賞)に輝いた、思春期の一 瞬を瑞々しく切り取った青春ク…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本日カリテコレクションで鑑賞致しました。以前から気になっていた2013年スウェーデンの作品でございます。 舞台は19…

>>続きを読む

先月、こっそり観に行っていてその後体調壊したこともあり 今まで感想を書いていなかった映画。 中学生の女子3人が時代遅れ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

18年前、湾岸戦争の最中に出産した病院で、息子が取り間違えられたことを知った、2組の家族。 『そして、父になる』は同じ…

>>続きを読む

ある日突然、18歳になる息子が自分が産んだ子供ではないと知る。そして本当の息子は産院での取り違えにより隣の敵対国にいる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

“あれ、こんな良い映画でしたっけ?” 特にアースウィンドアンドファイヤーのSeptemberが流れるまでのオープニン…

>>続きを読む

とても暖かく、とても興味深い話でした。 こういう話に触れると、 「差別とは?」「平等とは?」が、どうしても頭を巡りま…

>>続きを読む

僕の心の奥の文法

製作国:

上映時間:

110分
3.8

ソフィアの夜明け

製作国:

上映時間:

89分

ジャンル:

3.6

あらすじ

自分の居場所を見つけられず孤独に生きる芸術家イツォ。ドラッグとアルコールに溺れ、何の希望も見出せない彼の人生は、家族と共にベルリンへ向かう途中にネオナチに襲撃されて足止めを食らったトルコ女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブルガリアの新鋭カメン・カレフ監督が、友人のフリスト・フリストフの人生を基に製作した2009年のブルガリア映画 ・ ブ…

>>続きを読む

モラトリアムも過ぎデフォルト間近、緊迫の静寂。 歴史を感じるソフィアの美しい街並みに、乾ききった環境音が冷淡に響くリア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2015/9/10鑑賞(鑑賞メーターより転載) 東京国際映画祭でグランプリを獲得したカザフスタンの映画。カザフ関連と言…

>>続きを読む

ケッキョクのところ、都会暮らし (?) を経験してしまった青年が馴染めないまま田舎に戻り、都会で見た幻想を抱きながら生…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

文化交流のためイスラエルを訪れたエジプト警察音楽隊は、目的地と違う辺鄙な街に誤ってたどり着いてしまう。 そこから隣国同…

>>続きを読む

東京国際映画祭・東京サクラグランプリ、カンヌ映画祭「ある視点」部門で3冠(国際批評家連盟賞、ジュネス賞、“一目惚れ賞”…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

米ソ冷戦下、スパイの巣窟カイロでフランス人スパイのOSS117が珍活躍するスパイコメディ。 『アーティスト』の監督と主…

>>続きを読む

かるーい気持ちで観るのがちょうどいい小ネタ満載のスパイパロディ映画。 「アーティスト」で映画賞を総なめにした監督、主演…

>>続きを読む

雪に願うこと

製作国:

上映時間:

112分

ジャンル:

3.4

おすすめの感想・評価

ジワッと心に響く、見応えのあるヒューマンドラマでした。 東京で挫折した男、成績不振で末路が見えている馬、双方が再生して…

>>続きを読む

【東京国際映画祭4冠を制した邦画】 映画にはまり始めた頃から東京国際映画祭に通っているが、コンペティションで邦画が賞を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ほのぼの癒し系なのだろうと思って見てみたら、なんちゅー苦々しい話であることか! オープニングから何とも言えない重々しさ…

>>続きを読む

お酒の話かと思ったら靴下の話だった、で、人生の話だった。縦の糸はあなた、横の糸はあたしか。代わり映えのせぬ毎日が生み出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブランコ越しの"月"が象徴的だった 諦めの心と共に 雲に翳る"月"がね… ブランコはどちらの高みを目指しても "月"に…

>>続きを読む

「悲しみは星影と共に」に出てきたガチョウで思い出し。 大好きな作品「山の郵便配達」の監督作品。 これも個人的に泣けた…

>>続きを読む

ブロークン・ウィング

製作国:

上映時間:

87分
-

スローガン

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.4

あらすじ

40歳の鬼才CM監督セルジュ(ゲンズブール)は、ヴェネチアのCM映画祭で最高賞を獲得。ホテルのエレベータで23歳の英国美女エヴリン(バーキン)に出会う。彼は激しく一目惚れしてしまい、妊娠中…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

CMディレクターのピエールはベニスのCM映画祭でグランプリーを獲得。そこでエヴリーヌという若い女性に出会い、ひとめぼれ…

>>続きを読む

‘60年代の”キャッチーな”恋愛映画。 CM監督で才能を開花させるセルジュの作品同様、この2人のストーリー自体も「あな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アレハンドロ・イニャリトゥの初期の傑作。まあ、彼のはどれもこれも傑作なのだろうが。アモーレス・ペロスというスペイン語は…

>>続きを読む

いまやアカデミー賞で監督賞を連続受賞するほどの巨匠となったイニャリトゥ監督が、世界的に注目されるきっかけとなった作品。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これは面白かった! 都市部に下宿してる高校生の娘が、夏休みと言うことで基隆の実家に帰ってひと夏を過ごす話。と言っても田…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

このアレハンドロ・アメナーバルの代表作を初めて見たけど、良くも悪くもスペイン産ハリウッド映画って感じ。 26歳でこれ…

>>続きを読む

★ 目を閉じておいでよ 顔が奴と違うから 「これ、なんだか見たことがあるな」 いわゆるひとつのデジャヴ(既視感)。 …

>>続きを読む
>|