インディペンデント・スピリット賞 脚本賞 受賞映画作品 34作品

インディペンデント・スピリット賞 脚本賞 受賞作品。これまでにグレタ・ガーウィグ監督のレディ・バードや、マハーシャラ・アリが出演するムーンライト、スポットライト 世紀のスクープなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

レディ・バード

上映日:

2018年06月01日

製作国:

上映時間:

93分
4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

94分だけどものすごい情報量! テンポが良くてバンバン話が展開して行くし、各キャラクターとの関係も、それぞれのキャラ自…

>>続きを読む

ちょっと言葉にならない。きっと生涯にわたって一生愛し続ける作品。 何の変哲もない、ありふれた小さなひとつの季節を見つ…

>>続きを読む

ムーンライト

上映日:

2017年03月31日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まず、私個人、アカデミー賞を取るべき作品ではないと感じた。諸々の製作技術がノミネートの水準に到達していないという印象。…

>>続きを読む

土曜日の少し早く起きた朝は、ムーンライトを。 美しい映画だなぁ。アカデミー賞でてんやわんやがあったせいか巷では妙に話…

>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ

上映日:

2016年04月15日

製作国:

上映時間:

128分
3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アカデミー賞受賞作。カトリック教会が児童にいたづらをしていたことを隠蔽していた事実を追求していくジャーナリストの話。し…

>>続きを読む

洒落にならない聖職者の犯罪。 犯罪シーンの描写はなく、また実際に犯罪を犯した神父も登場しない。嫌なシーンが無いのはあ…

>>続きを読む

ナイトクローラー

上映日:

2015年08月22日

製作国:

上映時間:

117分

ジャンル:

3.8

あらすじ

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ルーという男についての情報は少ない 主人公のパーソナルな情報が少なくなると、生きた人物としてよりも象徴としての色合いが…

>>続きを読む

この作品のレビューに後味が悪い、主人公が嫌い、感情移入できないなどの感想が目立ちますね。 いやー私はどうでしょうね。 …

>>続きを読む

それでも夜は明ける

上映日:

2014年03月07日

製作国:

上映時間:

134分
3.8

あらすじ

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

それでも夜は明ける(12 Years a Slave) 12年もの間、奴隷として白人に酷使され続けた黒人の物語。 人…

>>続きを読む

舞台は1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク 家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家キウェテルイジョフォー演じるソ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あれれー?こんなに面白かったっけ〜? 二度目の鑑賞。 初めて観た時は「うん、素敵なお話やね」くらいにしか思えなかっ…

>>続きを読む

パットは躁鬱で8か月入院し、その間に妻ニッキに逃げられていた。退院してもニッキが忘れられなかったパットだったが友人の義…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

舞台はハワイ。 これって結構珍しい。ハワイに行ったことない私にとっては、景色を見るだけでも楽しい。 ハワイの青い空・青…

>>続きを読む

お母さんとファミリーレストランに行きます🍝 ファミレスに行く……🍴🍝ファミレスに…🍴🍝 ファミレスニ……🍴🍝ファミレ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

母親はシングルマザーでレズカップル。 18歳になったジョニは、自分が試験管から生まれたことを知り、精子提供者の父親と会…

>>続きを読む

Twitterで評判がいいイメージのある今作。冒頭がとても好きだったのでこのままいける!と思いましたが予想外の展開に唖…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

500日のサマー (あと)2日のインフィニティーウォー(席取り戦争に無事勝利) ラブラブのラブな映画が大の苦手な私 …

>>続きを読む

運命を信じる男と運命を信じない女の500日。☀️ 一途な誠実男子が自由奔放な小悪魔系女子に振り回されるお話。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「人生は短くて、退屈で、苦悩ばかりだ」 親友同士のヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハ…

>>続きを読む

ウッディ・アレンのヨーロッパの街シリーズ?の一作。 アメリカの若い女性二人がバカンスでスペインはバルセロナへ。そこで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アイルランド・ダブリンの街角でストリートミュージシャンの男(グレン・ハンザード)は来る日も唄うが誰も気に止める者はいな…

>>続きを読む

【2018年24本目】 初ジョンカーニー!ですが、他作はこの映画を超えられるのか…?と思うほど良かった!かなり良かっ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

家族(形骸化)。 約20年疎遠だった父が認知症になったと連絡を受けたウェンディは、大学教授の兄と共に、父を施設に入れ…

>>続きを読む

明るく楽しくないテーマの話だけど、たまにニヤニヤしちゃうのは兄妹の実に見事な変なキャラ。 兄(フィリップ・シーモア・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タバコ業界によって設立されたタバコ研究所の広報部長であるニックは、タバコと健康悪化とに因果関係がないことを世間に証明さ…

>>続きを読む

感想川柳「権利の下 生活する人 忘れずに」 レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..) タバコ研究アカデミーの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「僕の話はいいからさ、君の話を聞かせてよ。」 「自分の話しかしない」人間は→回りから疎まれる→結果嫌われる→故に悲し…

>>続きを読む

 1959年、小説「ティファニーで朝食を」で名声を高めた作家のトルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いやはやこの男たち、ホントどうしようもねえ! 社交的性格とそこそこな知名度を活かして結婚直前にヤレる女だけを嗅ぎわけ食…

>>続きを読む

最近まで上映していたアレクサンダー・ペイン監督の最新作「ダウンサイズ」を見逃してしまったので、ここは同監督の過去の傑作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ここまで酷いか?と思うレベルの日本の描写がそこかしこにあって多少ぐさっときたりはしたけれど、思い直してみたら、日本はや…

>>続きを読む

同じホテルに滞在する男女が出会い、そして別れまでが描かれている。 2人とも結婚をして愛する人や家族がいるのに心にポッ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あんまりにもどよーんとなる映画で、レビュー書くの遅くなりました(笑)。 退屈な仕事、ぱっとしない旦那、日常に嫌気がさ…

>>続きを読む

う、うわぁ…。これは予想と180度違った。タイトルが「グッド・ガール」でジャンルがラブロマンスなもんだから、てっきりラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《主観のあらすじ》  長い時間記憶を保つことができないレナード(ガイ・ピアース)が主人公。前向性健忘という昔の記憶は残…

>>続きを読む

面白い。 時系列が、終わりから始まりへ逆になっている作品としてはギャスパー・ノエの『アレックス』などもそうですが、これ…

>>続きを読む

ユー・キャン・カウント・オン・ミー

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

オスカーノミネートされてたにも関わらず 全くこの映画の存在知りませんでした。 ローラ・リニー、マーク・ラファロ出演、 …

>>続きを読む

 アメリカ・ケンタッキー州スコッツビル、メキシコと国境を接する小さな田舎町。トム・プレスコットとレイチェル夫妻は子供た…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【短】原題は『Election(選挙)』。高校の生徒会長選挙を背景に、3人の生徒会長候補者と1人の教師の思惑が交錯する…

>>続きを読む

原題は〝ELECTION〟ってことで、ある高校での生徒会長選挙をテーマにした作品。邦題の軽さもあながち間違いではないけ…

>>続きを読む
>|