カンヌ国際映画祭 グランプリ 受賞映画作品 74作品

カンヌ国際映画祭 グランプリ 受賞作品。これまでにスパイク・リー監督のブラッククランズマン(原題)や、アデル・エネルが出演するBPM ビート・パー・ミニット、たかが世界の終わりなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

一番最初のアレック・ボールドウィンのスピーチだけでどんな雰囲気の映画なのかよくわかっておもしろかった。そして映画自体も…

>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット

上映日:

2018年03月24日

製作国:

上映時間:

143分
3.8

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ACT UPの活動を描いた作品 初めて知ることばかり 「ACT UP」という団体を初めて知った。 公式から引用す…

>>続きを読む

 白熱した討論会に水を差す1組の集団、ソフィ(アデル・エネル)はジャンヌ・ダルクのように中央に駆け寄ると、主催者の男に…

>>続きを読む

たかが世界の終わり

上映日:

2017年02月11日

製作国:

上映時間:

99分
3.5

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

愛を分かち合うことができない私たちはまた、別れを分かち合うこともできない。 その別れの理由を明かすこともできない。 (…

>>続きを読む

閉塞した場所で、近親者たちが美しい記憶に思いを馳せたり、お前のことが気に入らないと罵りあったりする姿を見せられる映画。…

>>続きを読む

サウルの息子

上映日:

2016年01月23日

製作国:

上映時間:

107分
3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ハンガリーの映画監督Nemes Lászlóの長編デビュー作にしてアカデミー賞とゴールデングローブ賞で外国語映画賞を…

>>続きを読む

"ゾンダーコマンド" 収容所で虐殺されたユダヤ人の死体を処理する仕事をするユダヤ人 そんな者がいるなんて知らなかった…

>>続きを読む

夏をゆく人々

上映日:

2015年08月22日

製作国:

上映時間:

110分
3.5

あらすじ

みずみずしい光を緑に放つ、イタリア・トスカーナ地方の人里離れた土地で、昔ながらの製法で養蜂園を営む一家。ジェルソミーナは4人姉妹の長女で、気難しい父ウルフガングの独自の教育と、寵愛を受けて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリアのトスカーナ地方を舞台にした作品はいつも無条件に私をワクワクしてくれるはずなのに、子どもらしくいられる時間を削…

>>続きを読む

見終わった後にものすごくじわじわじわじわと、愛おしさというか、切なさというか、感動というか、不思議な気持ちで胸がいっぱ…

>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

上映日:

2014年05月30日

製作国:

上映時間:

104分
3.6

あらすじ

1960年代、冬のニューヨークが舞台。まだマスコミやレコード会社などが発達していなかったこの時期、シンガー・ソングライターのルーウィンはグリニッジ・ヴィレッジのライヴハウスで歌い続けながら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

良質なフォークソングって 自分が体験したことないような内容の歌詞でも恐ろしい程のノスタルジーに駆られるような気分になら…

>>続きを読む

オスカーアイザックが演じる 冴えない主人公ルーウィン。 ついてないことの連続で かわいそすぎるんだけど、 どこか 諦め…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリアのナポリを舞台にした人生転落の滑稽劇。勘違いの狂気。 ▼魚屋のルチャーノ。TV番組「ビックブラザー」に出演し…

>>続きを読む

大きな道,種々雑多な車が走る中,一つ童話から出てきたような馬車が走っている。馬車は新郎新婦を乗せて結婚式会場に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

舞台はトルコのアナトリア草原。暗闇で、月明かりと車のヘッドライトくらいしか頼れない中、殺人事件後の被害者の死体を探す一…

>>続きを読む

殺人容疑者を連れて死体の捜索を始めた警察官たち。容疑者の曖昧な記憶に草原を転々と移動させられ、彼らは疲労と苛立ちを募ら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

少年と自転車 ダルデンヌ兄弟作品 第64回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞 血の繋がりがなくても家族になれる…

>>続きを読む

唯一の肉親の父に捨てられ 何度も何度も探しにいく 不器用な少年が愛を渇望するお話。 お父さんは暴力を振るうわけじゃな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

備忘録 映画館で 昨今のニュースを見ていると、この映画を思い出さずにいられない、そんな映画。 1996年にアルジェリ…

>>続きを読む

「あなた方は神々だろう。 でも、人間として死ぬだろう。」 田舎の修道院。薄暗く静かな映像に鐘の音が響きます。 彼らの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 刑務所は罪人を更正させるための施設だが、どういうわけか映画の中ではそのように機能することがほとんどない。時には刑務所…

>>続きを読む

この映画はションベン刑でムショにぶち込められたアラブ系の意気ごしのある19歳アンチャン!マリクとコルシカン・マフィア(…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリアの「カモッラ」という犯罪組織に関わる人々をドキュメンタリー風に描いた作品。以前観た「シティ・オブ・ゴッド」に似…

>>続きを読む

集合住宅,子どもたちが遊ぶ隣で「警察だ!」とマフィアたちの怒声が響く。結婚式が開かれている階の上では,マフィア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ひろい森の中に飛び込んだ私たちは、とたんに不安になった。生きているって何だろう。なぜ私は生きていて、あの人は死んでしま…

>>続きを読む

殯【もがり】 敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間の事。 また、その場所の意。 語源に「喪あがり」 喪があける意、か。 冒…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

静かな農村。 歩く度にグチャグチャと鳴り響く足音。 それは、不快にまとわりつき不穏な空気を漂わせる。 重くたれ込める雲…

>>続きを読む

評価が別れる作品という前情報のもと鑑賞しました。その訳も納得。 英雄伝的なものでも、お涙頂戴ものでも、レジスタンスも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

主役のドンがなんでこんなにテンションが低いのか、どんな積み重ねで今、こうしているのか 付き合ってきた昔の女性たちと何…

>>続きを読む

主人公のおじさんが 今さら成長などしないロードムービー。 20年前あなたの子供を産みました。 息子が訪ねて行くかもよ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

久しぶりの鑑賞。 やっぱり良く出来ているし、オススメの韓国映画。 パク・チャヌク監督の"復讐三部作"の2作目、『オ…

>>続きを読む

ネタバレ含む こんなにも観るのが酷だった映画は久しぶり。だけど、観ているうちに映画の世界に引き込まれていく。オールド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『希望のかなた』でハマった、アキ・カウリスマキ監督の世界。『ル・アーヴルの靴みがき』を経てもその勢いは止まらず、他にも…

>>続きを読む

今日もレビューに動物さんが遊びに来てくれた クゥーン🐶 ニャー😸 ハッピーハロウィン🎃 ガォーッ🐯 ピヨ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

・厨二病&思春期&反抗期が遅れてやってきた女性の映画 ・シナリオの要素としては、 「家の中のモンスター(母)」「人生…

>>続きを読む

 TVを観ていたはずの母親が、40過ぎの娘の帰宅時間に癇癪を起こす。この時点で母娘の関係は最初から破綻している。彼女は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「鬼が来た!」 大東亜戦争(二次大戦)が終結に近い頃、日本軍が駐留している中国のとある貧しい農村に暮らす主人公と女。…

>>続きを読む

【残酷なメルヘンへと昇華した類まれなる怪作】 2000年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞作品。 鬼が来たぞおおおおお…

>>続きを読む
>|