カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ 受賞映画作品 48作品

カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ 受賞作品。これまでにロバン・カンピヨ監督のBPM ビート・パー・ミニットや、レア・セドゥが出演するたかが世界の終わり、サウルの息子などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

BPM ビート・パー・ミニット

上映日:

2018年03月24日

製作国:

上映時間:

143分
3.8

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

知識は武器だ。 1990年代のパリ。エイズ感染者を取りまく理不尽に対して変革を起こすべく国、地域、製薬会社、人々に訴…

>>続きを読む

今年のカンヌの審査員特別グランプリ受賞作品。試写会にて。 パルム・ドールの方(THE SQUARE)は公開する気配すら…

>>続きを読む

たかが世界の終わり

上映日:

2017年02月11日

製作国:

上映時間:

99分
3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

※解釈書いてます 12年もの間、家族の外で生活を築いていた肉親が帰宅する話は、まるで『父、帰る』を連想させ、 「ああ…

>>続きを読む

乱暴で騒々しいのに、繊細で濃密。感情が剥き出しなようで、実は誰もが、脆すぎるほどの密かな思いを、大事に大事に隠している…

>>続きを読む

サウルの息子

上映日:

2016年01月23日

製作国:

上映時間:

107分
3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1944年10月、アウシュヴィッツ収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルは、ユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマ…

>>続きを読む

2017年1月。 クラクフから車で1時間30分。 アウシュビッツ~ピルケナウに行ってきました。 ポーランドの観光シ…

>>続きを読む

夏をゆく人々

上映日:

2015年08月22日

製作国:

上映時間:

110分
3.5

あらすじ

みずみずしい光を緑に放つ、イタリア・トスカーナ地方の人里離れた土地で、昔ながらの製法で養蜂園を営む一家。ジェルソミーナは4人姉妹の長女で、気難しい父ウルフガングの独自の教育と、寵愛を受けて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

見終わった後にものすごくじわじわじわじわと、愛おしさというか、切なさというか、感動というか、不思議な気持ちで胸がいっぱ…

>>続きを読む

舞台はイタリア・トスカーナ地方。養蜂を営む一家(両親+4姉妹+居候の叔母)の話。 ドイツ人の非行少年を預かったり、テレ…

>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

上映日:

2014年05月30日

製作国:

上映時間:

104分
3.6

あらすじ

1960年代、冬のニューヨークが舞台。まだマスコミやレコード会社などが発達していなかったこの時期、シンガー・ソングライターのルーウィンはグリニッジ・ヴィレッジのライヴハウスで歌い続けながら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オスカーアイザックが演じる 冴えない主人公ルーウィン。 ついてないことの連続で かわいそすぎるんだけど、 どこか 諦め…

>>続きを読む

不条理な権威や大衆社会に対する反骨心(現状不満)を散々吐露し現実逃避するでなく淡々と内的に抱え自己解決を図るルーウィン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大きな道,種々雑多な車が走る中,一つ童話から出てきたような馬車が走っている。馬車は新郎新婦を乗せて結婚式会場に…

>>続きを読む

ビッグ フィッシュのピンク バージョン系のネタかな? というパッケージに惹かれて観ました。 物語の主役は同じように…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

主人公的側面では「大人はわかってくれない」っぽいけど逆の側面では「自転車泥棒」的な匂いも。でも実際それらのどちらとも異…

>>続きを読む

少年の微妙なココロを描く、ダルデンヌ兄弟の個性的な視点が溢れる作品。 揺れに揺れる少年のココロは大人から見たらバカげ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

舞台はトルコのアナトリア草原。暗闇で、月明かりと車のヘッドライトくらいしか頼れない中、殺人事件後の被害者の死体を探す一…

>>続きを読む

殺人容疑者を連れて死体の捜索を始めた警察官たち。容疑者の曖昧な記憶に草原を転々と移動させられ、彼らは疲労と苛立ちを募ら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

備忘録 映画館で 昨今のニュースを見ていると、この映画を思い出さずにいられない、そんな映画。 1996年にアルジェリ…

>>続きを読む

「あなた方は神々だろう。 でも、人間として死ぬだろう。」 田舎の修道院。薄暗く静かな映像に鐘の音が響きます。 彼らの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画はションベン刑でムショにぶち込められたアラブ系の意気ごしのある19歳アンチャン!マリクとコルシカン・マフィア(…

>>続きを読む

映画を観る上で、固定概念や先入観を全く排除して真っさらな視点で観るのは難しい。テレビをつけたらたまたま放送されていた映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

集合住宅,子どもたちが遊ぶ隣で「警察だ!」とマフィアたちの怒声が響く。結婚式が開かれている階の上では,マフィア…

>>続きを読む

この作品と出会ったのは一年前の某レンタルビデオ店。 私はB級怪獣映画と勝手に思い込み、今まで手に取ることは一度もなか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「人は死んだらどこに行くのだろうか」という問いに、「どこにもいかないよ」と優しく答えてくれる映画。  カンヌに…

>>続きを読む

カンヌでグランプリを獲った河瀬直美の「もがりの森」。 久しぶりに見たけど、自慢じゃないが寝ないで見たのは初めて。以前…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

静かな農村。 歩く度にグチャグチャと鳴り響く足音。 それは、不快にまとわりつき不穏な空気を漂わせる。 重くたれ込める雲…

>>続きを読む

評価が別れる作品という前情報のもと鑑賞しました。その訳も納得。 英雄伝的なものでも、お涙頂戴ものでも、レジスタンスも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

主人公のおじさんが 今さら成長などしないロードムービー。 20年前あなたの子供を産みました。 息子が訪ねて行くかもよ…

>>続きを読む

 青いポストに届けられたエアメイル、集荷に来たUS MAILのトラックに集められ、アメリカ各地へ送られて行く。アメリカ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

催眠術最強説 パク・チャヌク監督といえばエロ・グロ・バイオレンスですけど、ただエロい、ただグロいってだけじゃなくて、…

>>続きを読む

「私は獣にも劣る人間ですが、生きる権利はあるんじゃないでしょうか?」 15年間、理由も分からぬまま監禁された男は、あ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この温泉につかっているような気持ちよさ、たまんねえなぁ。 見どころ: 微笑必至のエンディング 情けは人のためならず …

>>続きを読む

「希望のかなた」でカウリスマキデビュー、いっぺんで大好きになった。 2作目はカウリスマキを愛してやまないフォロワーさん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

厳格な母親に育てられ、ピアノに人生を捧げた一人の女性が、若さ、才能、知性、ルックス全てを備えた男と恋に落ち、"本当の自…

>>続きを読む

ピアノ教師と教え子のいけない情事、甘く切ないラブストーリー... なんてイメージで観たら大ヤケドします。 この映画、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「鬼が来た!」 大東亜戦争(二次大戦)が終結に近い頃、日本軍が駐留している中国のとある貧しい農村に暮らす主人公と女。…

>>続きを読む

【残酷なメルヘンへと昇華した類まれなる怪作】 2000年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞作品。 鬼が来たぞおおおおお…

>>続きを読む
>|