ヴェネチア国際映画祭 受賞映画作品 217作品 - 4ページ目

ヴェネチア国際映画祭受賞作品。これまでにアベル・フェラーラ監督のマリー 〜もうひとりのマリア〜や、ルイ・ガレルが出演する恋人たちの失われた革命、ヴェラ・ドレイクが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

わからないからつまらない、だとこちらの知識不足だけど、わからないしつまらない、だと映画の魅力ってなんだろうってなっちゃ…

>>続きを読む

これを観てどう、なにを感じ取ればいいのか不明な作品。 やはりキリスト教信者であることが根底にあり、その上で更に理解を深…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こちらも「5月」映画。1968年、フィリップガレルは20代だったはず、映画を精力的に撮り始めたのは10代の頃だから、革…

>>続きを読む

1968年、兵役を拒否し、拒否のサインも拒否し、五月革命真っ只中、機動隊と激しい闘争を繰り広げる20歳の詩人フランソワ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

考えさせられる深い話だった。 困っている人たちを違法な手段で助ける女の話。 妊娠したけど事情により産むことが出来な…

>>続きを読む

舞台は1950年のイギリス。 家政婦として働くヴェラ・ドレイクの、明るく優しく不幸せそうな人を包み込む人柄が滲み出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ハビエル・バルデム。海を飛ぶ夢。 尊厳死についての映画です。 四肢麻痺になってしまった男性が主人公です。 四肢麻痺と…

>>続きを読む

パッケージから甘い爽やかなラブストーリーを想像したが全く違った。テーマは「尊厳死」であり、冒頭のシーンから終始重苦しい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベッドサイドで DVDを観るようになり い~感じのように思ったが 案の定、子守唄のように 途中でオチてしまう。 その…

>>続きを読む

原題 ”빈집”(空き家) 英題 ”3 iron” 邦題 ”うつせみ” 英題は論外、邦題は語感こそいいけど解釈の幅を半…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんだか一回では咀嚼しきれない内容。 結末が思ってたのとは違うが、かなりの衝撃。 殺し殺されずにそうなるんかー。と、な…

>>続きを読む

12年ぶりに帰って来た父親。 晩餐の主席に座り、パンとワインを皆へ分け与え、息子たちを旅行へ連れて行くと告げる。 祖母…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

盲目の座頭の身でありながら居合い抜きの達人であるヤクザもの。日本時代劇を代表するアイコン的なキャラクターを生んだ作品『…

>>続きを読む

久し振りに再鑑賞 前回までは"勝新"のテレビや映画の勧善懲悪ではなく、予定調和でもない時代の匂いがするような作風、そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アイルランド物に外れ無し。 このセオリーとフォロワーさんの高評価に鑑賞しました。 国や地域の違いによる宗教観、そもそ…

>>続きを読む

すごい!!! こんなすごい映画を今まで見てなかっただなんて! これヤバイ! アイルランドでは1990年代まで、ふしだら…

>>続きを読む

ハウス・オブ・フールズ(原題)

製作国:

上映時間:

104分
-

おすすめの感想・評価

『バーニング』を観て改めてイ・チャンドン監督作に触れたくなり今作を鑑賞致します。 いやぁ、ブッ飛ばされました…。 …

>>続きを読む

あくまで純愛ファンタジーとして見たら面白かった気もするし、高評価なのもわかるのだけど、障害者は純粋な心を持った善人で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【金獅子賞を制したインド映画】 ヴェネチア国際映画祭のコンペリストが発表されたということで、このインド映画を観てみた。…

>>続きを読む

パンジャーブ地方の伝統的な結婚式を舞台にした映画。 物語というよりは、ドキュメンタリーチックな作風なのであたかも観客自…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

朝起きた瞬間から、どうしても人間辞めたくなる日ってのが、まだまだ月に何日かはある。現代を生きている人間は、みんな心のど…

>>続きを読む

「人間はなんて残酷なんだ」、この言葉にすべてが集約されてる。息の詰まるような彼らの夏、それは暑さだけのせいじゃない。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人生タクシーで有名なジャファルパナヒ作品。 全編にわたってイランにおける女性の生きづらさを描いている。 冒頭で子ども…

>>続きを読む

 出産シーンの母親の苦痛の絶叫がタイトルバックに鳴り響き、壁一面が白い空間から「おめでとうございます、女の子ですよ」と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キューバの作家レイナルド・アレナスの創作と同じくらい欲望する性。 生と同じくらい渇望する死。 カストロ政権の弾圧を逃れ…

>>続きを読む

キューバの亡命作家レイナルド・アレナスのぶっとく力強い半生。 映画の楽しさの一つでもある「あなたの知らない偉人伝」。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

13歳の女の子が代理教員として、村にやってきます。13だし俺らと変わんねーじゃん、お前の言うことなんかきかねーよ、と生…

>>続きを読む

チャン・イーモウが目指した、ドキュメンタリーのような世界。 主人公や他のキャストもほとんど素人を使っているだけあって、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オープニング。 荒涼とした丘陵地帯をランクルがノロノロ走る。 「桜桃」風味で、キアロスタミの指がパチンと鳴るのが聞こえ…

>>続きを読む

ベーザードが乳搾りをする女の子へ詠み聞かせる詩が全てだと思う。つまり、心は風が吹くままに変化するということ。心地の良い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「雨あがる」 2000/1/22公開 日本作品 2019-036 日本アカデミー賞最優秀作品賞 再鑑賞シリーズ 200…

>>続きを読む

【この映画を黒澤明監督に捧ぐ】 黒澤明が最後まで完成させる事なく亡くなり幻の作品となってしまった本作。助監督として脚…

>>続きを読む