ヴェネチア国際映画祭 受賞映画作品 217作品 - 7ページ目

ヴェネチア国際映画祭受賞作品。これまでにエルマンノ・オルミ監督の聖なる酔っぱらいの伝説や、Camp de Thiaroye(原題)、霧の中の風景が受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

橋の下で夜を明かすアル中ホームレスが、見知らぬ老人から「200フラン」を受け取った事から始まる、数日間の奇跡。老人が彼…

>>続きを読む

非常に不思議な映画です。 酔っ払いを賛美しているわけではないですが、酔っ払いを用いて教訓めいた寓話にしているわけでもな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

No.788[名作はヘリで石像を運びがち] 98点 アンゲロプロスは紀伊國屋版の箱を揃えている最中に再販されたせいで…

>>続きを読む

テオ・アンゲロプロス監督によるギリシャのロードムービー 父を尋ねて600里。私生児として生まれた二人の姉弟が、いるか…

>>続きを読む

さよなら子供たち

製作国:

上映時間:

103分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1987年のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞受賞した監督のルイ・マルの自伝的作品。ナチス・ドイツの占領下にあったフランス。寄宿学校でジュリアンはボネという転校生に出会うが……。少年の友情と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

紺色に包まれた少年たちに萌えました。 冬でも半ズボン。マントにベレー帽、セーター、ネクタイ、靴下 …すべて濃紺。 フラ…

>>続きを読む

第二次世界大戦中のフランス。 裕福な家庭のジュリアンの寄宿学校に転入生のボネがやってくるが… 久しぶりに「映画ってい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『君の名前で~』の脚本家ジェームズ・アイヴォリーの監督作品。 同じく同性愛のお話。1988年作品で、30年前。 監督は…

>>続きを読む

“英国は昔から 人間の本性を否定してきた国だ” その昔、同性愛が罪だった時代の イングランドで出会った2人の美しい愛…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

古城のようなホテルに配属された給仕の少年が主役ながらも、細かい説明は一切ないので、なんとも不思議で独特な雰囲気がありま…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

Le Rayon Vert:エリック・ロメール監督、マリー・リヴィエール主演、1986年フランス作品。 友人にヴァカ…

>>続きを読む

私の今年のラッキーカラーは緑色! 初エリック・ロメール! ロメール作品を観られるのが結構貴重なので感謝。 しかも本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1985年 アニエス・ヴァルダ脚本/監督 原題: Sans toit ni loi(家もなく法もなく)、英題: Vag…

>>続きを読む

No.734[さすらう女どこへ行く?] 90点 荒涼とした農地に徐々に迫っていき、ローラ・パーマーも驚きの美しい死体…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

渡米後のスコリモフスキ初監督作。 ライトシップ=灯台船の船長(と息子)と乗組員が、漂流していたギャングの3人組を助ける…

>>続きを読む

あらすじないので簡単に ✳✳ 第2次世界大戦終戦から10年後。 アメリカ沿岸警備隊の灯台船(他の船に危険を警告する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クリスマスも近いというわけでもないですが?珍しく昔観た恋愛物を3本借りてきました。その最後、一番地味な作品。それもビデ…

>>続きを読む

ポーランド映画祭。 国も環境も言葉も違う二人のメロドラマ。 というと俗っぽいが、なかなかの傑作でした。 戦後ポーラン…

>>続きを読む

Les favoris de la lune(原題)

製作国:

上映時間:

101分
4.1

おすすめの感想・評価

邦題「月の寵児たち」 イオセリアーニのフランス亡命後最初の監督作品。まずタイトルがカッコいいですね。 この人は過激さを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

VHS、劇場鑑賞、そして今回Blu-rayにて再鑑賞。 ゴダール作品の中でも比較的理解しやすい傑作の1つだと思う。 …

>>続きを読む

映画を撮ることと資本家の金を取る銀行強盗や誘拐が重ねられる。両者が同じく労働だとすると、主人公は失業者になるのか…?資…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1981年作品。DVDにて鑑賞。 ツタヤにて取り寄せ。取り敢えず見れてよかった。セル版買うと結構するはず。 ヴェン…

>>続きを読む

映画の中の映画物語。 モノクロの波打つポルトガルの海が、冷たく美しく映しだされて印象的。 SF映画制作中に資金がなく…

>>続きを読む